Hash Rushの世界をより深く洞察していく伝承のスポットライトへようこそ。

 

先週はエルナックスのヒーロー達からトロッグがどのようにしてあのような体に変化したのかを解説しました。今週はエルナックスから離れて、マローダーズと彼らが作り出した特別なボットースクラップボットについて見て行きましょう。

早速始めましょう!

 

クリプトストームが襲来する以前、ルスタリア地区はハーメイア宇宙の中で宝石の採掘場所として輝いていました。ルスタリアの人々は機械のドロイド達を使って地中深く掘り進み、貴重な宝石を採掘していました。ドロイド達は日常生活にも溶け込んでおり、ほとんど全ての肉体労働のサポートをしていました。

しかしながら、クリプトストームが訪れ、全てを破壊してしまいました。命あるものはほとんどすべて消え去り、ドロイド達もガラクタの山となってしまいました。幸運なことに生き残った人間もおり、まだ動けるドロイドも残っていました。

 

まだ動けるドロイドは安全に保管するために鉱山の奥深くに置かれ、生き残った人間達は集まり始めました。悲しいことに、メンテナンスができなかったのでほとんどのドロイドも故障してしまいました。生き残った人々の混乱の中でロボット技術は一時的に失われてしまいました。また鉱山や洞窟には危険な生物や有毒ガスが充満していたことから、人々はその中に入ることができませんでした。

 

ずっと後になって、クリプトストームが引き起こした太陽フレアの灼熱が消え去り、ルスタリアの人々はリック・エバーラスティに率いられて地上に戻りました。

 

住む場所の再建が少しずつ進む中で、生き残ったエンジニアたちはドロイド達を作り直すために材料を探し集めました。以前自分たちが使っていたのと同じドロイドを作り上げることはできませんでしたが、骨が折れるほどの試行錯誤をずっと繰り返した後で、最初のスクラップボットが完成しました。

 

こうしたドロイド達はルスタリアの人々が生きて行くのに不可欠になりました。重い石やスクラップ金属を遠い場所から避難所まで運べるドロイド達はルスタリアの人々が再び立ち上がるために役立ったのです。

 

Iezīmes